【BOSTON】バンドまとめページ

スポーンサーリンク
boston member

BOSTON

BOSTONは1976年デビューのアメリカン・プログレッシブ・ハードロックバンド。
全米屈指の名門MIT(マサチューセッツ工科大学)出身の奇才トム・ショルツによるプロジェクト的なバンドとして現在も活動を継続中。
ヴォーカル以外の全てのサウンドメイクを一人でこなすトム・ショルツの拘りにより、過去作品におけるリリースまでに気の遠くなるような時間を費やしたことでも有名。
結果、デビューアルバムからミリオンセールを連発という異次元の宇宙空間に位置するバンド。

1st: BOSTON(邦題:幻想飛行)

boston-boston1976年リリースのデビューアルバム。
奇才トム・ショルツによる現代で言えばオタクの境地のサウンドプロダクション。
当時にして他の追随を許さない圧倒的にクリアな音質と楽曲クオリティを誇る超名盤。
ブラッド・デルプの超絶ハイトーン・ヴォーカルと澄み渡るようなバックコーラスが心地よい。
BOSTONビギナーは更なるサウンドメイクの進化を堪能できる定石通りの本作から入門がおすすめ。
BOSTON(幻想飛行) 詳細レビュー記事はこちらから

2nd: Don’t Look Back

boston-2nd1978年リリースの2ndアルバム。
デビューアルバムを遥かに凌ぐサウンドに誰もが度肝を抜かれた歴史的名盤で全米1位の大ヒット。
「No Synthesizers Used(シンセサイザー不使用)」「No Computers Used(コンピュータ不使用)」のアルバム・ジャケットへのクレジットはあまりにも有名。
幻想飛行の後に惑星に降り立つ宇宙船に乗り込んだかのような超重厚(重さでなく厚さ)音質が魅力。

3rd: Third Stage

boston-3rd1986年リリースの3rdアルバム。
旧レーベルとの法廷闘争もあり前作から8年を経てリリース。
大ヒット曲「Amanda」はじめ何よりも楽曲の完成度が最高到達点に達したと感じられる名盤中の名盤。
オリジナルメンバーはトム・ショルツとヴォーカルのブラッド・デルプのみとなるも、代名詞的な奥行きと広がりのスペーシーサウンドは健在。
THIRD STAGE 詳細レビュー記事はこちらから

4th: Walk On

boston-4th1994年リリースの4thアルバム。
本作で初めてシンセサイザーが使用され、アルバムクレジットから「No Synthesizers Used(シンセサイザー不使用)」の文言が消えた。
ヴォーカルもブラッド・デルプからフラン・コスモに交代。
オープニング曲の「I Need Your Love」がアルバム代表曲となるもその他の楽曲との完成度に若干の格差を感じる。

5th: Corporate America

boston-5th2002年リリースの5thアルバム。
2ndアルバム以降の8年周期リリースを堅持。
トム・ショルツのプロジェクトから若手や女性の新メンバーが加わり、楽曲制作も民主主義化した模様。
ヴォーカルが復帰したブラッド・デルプ含め3人となり大合唱コーラス状態に。
アコスティックな楽曲が目立ちハードロック感は後退。
全曲平均点以上ではあるも全体的には地味な印象。

6th: Life, Love & Hope

boston-6th2013年リリースの6thアルバム。
前作から11年という気の遠くなる年月を経てようやく登場。
前半は往年のBOSTON節メロディを聴くことができ懐かしさが蘇るも、中盤以降はやや迷走(各メンバーの暴走?)気味な印象の楽曲もあり評価の分かれるところ。
往年のスペーシーサウンド・ハードロックのみを求める古参のファン層には物足りなさも残りそうな作品。
お世辞にも上手いとは言えないトム・ショルツのヴォーカルはきつい…。
アーティストを応援するなら「Apple Music」を利用しましょう!
タイトルとURLをコピーしました