JOURNEY / Separate Ways (Worlds Apart) テクニカル産業ロック 安定の名曲

スポーンサーリンク

JOURNEY / Separate Ways  どんな曲?

なぜか縁遠かったバンド JOURNEY

皆さんは「嫌いじゃないんだけど何故か縁遠い、あんまり聴く機会が無かったメジャーバンド」って無いですか?。

誰もが知るバンドで当然アルバムチャートも上位にランクインしたヒット作なのに、不思議と縁が無く後回しにしてしまっていたバンドやアルバム。

私にとってのそんなバンドが「ジャーニー」なのです...。
(あと、「モトリー・クルー」もそうでした...。)

どちらのバンドも、当然ながらアルバムは買って持っているんだけど、とりあえず買っただけで満足。

特に聴きこむでもなく、BGMとして流すわけでもなくの放置プレイ状態。

とにかく、能動的には一切聴かず、ヒットしているから受動的に耳に自然と入ってくる音源だけで満足と言った感じでしょうか。

まあ、積極的に聴かないってことは少なくとも「大好き」ではないんでしょうね。

本曲のように楽曲単位では良い曲(自分好みの曲)があるんでしょうけど。

それから、ギターのプレイスタイルや、スピード感、楽曲(サビ)の解りやすさなんかも微妙に影響しているのかも知れません。

(ぐだぐだ言ってますが、ぶっちゃけあんまり好きじゃないんでしょうね...。)

そんな訳で、語れる要素を持ち合わせていないことを理由に、産業ロックの王様とまで言われるビッグバンドの大ヒットアルバムの扱いとしてはかなり雑ですが、「おすすめの一曲!」シリーズでの投稿とさせて頂きます。

お化けセールス「スリラー」さえいなければ余裕のNo.1

本曲は1983年にリリースの8枚目のアルバム「フロンティアーズ」のオープニングに収録の、ジャーニーの代表的楽曲です。

ジャーニーは既にこの前作の7枚目アルバム「エスケイプ」で全米チャートを制覇しており、2作続けての快挙なるかと思われましたが、タイミング悪く発売当時はマイケル・ジャクソンの「スリラー」が№1に鎮座していたため、結局2位止まりとなりました。

(それでも十分に凄いことですが)

今後、機会のある時にご紹介することになるでしょう「エスケイプ」に収録の、ジャーニー最大のヒット曲「Don’t Stop Believin’」もそうですが、いずれもアルバムのオープニングに惜しげもなく収録されているんですね。

バンドメンバー

  • ヴォーカル: Steve Perry
  • ギター  : Neal Schon
  • ベース  : Ross Valory
  • ドラム  : Steve Smith
  • キーボード: Jonathan Cain

楽曲レビュー

JOURNEY、TOTOASIABOSTONなどのビッグバンドをまとめて「テクニカル産業ロック」などと勝手にカテゴライズをしておりますが、私の琴線を大きく揺さぶったのは、TOTO、ASIA、BOSTONで、JOURNEYは何故か「食わず嫌い(嫌いではないのだけど)」の状態でした。

「何が」理由かは解らないけど波長が合わないんだと思います。

それでも、この楽曲(だけ?)は純粋に名曲だと思っています。

イントロにおけるキーボードに絡めてくるギターのハーモニクス音が最も印象的ですね。

ニール・ショーンのギターは派手さは無いけど小技を効かしたプレイなど、じっくり聴くと結構良かったりしますね。

(でも、個人的には単長音主体のフレーズが多くてちょっと苦手...。)

そして、ジャーニーと言えばやはりヴォーカルのスティーブ・ペリー。

この人だけは別格ですね。

ソロアルバムも結構聴き込みました。

STEVE PERRY / OH SHERRIE ロック界の至宝が歌うとろけるLOVE SONG
この記事ではJOURNEYのヴォーカリストとして知られるスティーブ・ペリーが1984年にリリースした初のソロアルバムから、シングルカットされたとろけるようなLOVE SONG「OH SHERRIE」をおすすめの一曲として紹介しています。

一発でスティーブ・ペリーだと判る独特のかすれ声は、好き嫌いが分かれてしまうかも知れませんが、歌唱力と表現力は抜群で申し分なしと言えるでしょう。

とまあ、おすすめの1曲!と言った割にはそのおすすめポイントをあまり記せなかった今回ですが。

当時はあれだけ聴き漁っていたように思える自分でも、気づかないうちに、無意識にフィルターが掛かっていたのでしょう。

知らず知らずのうちにバンドを選別していたのだなと、改めて実感させられた気がします。

 

アーティストを応援するならサブスクは「Apple Music」がおすすめです!。
Apple Music」は視聴した時にアーティストに支払われる報酬が、他のサブスクよりも高いので応援するアーティストへの貢献度「大」です。

サブスク音楽 おすすめはアーティストへの貢献度で「Apple Music」にキマリ!
この記事では、サブスク音楽配信サービスのおすすめとして「Apple Music」を紹介しています。ぶっちゃけどこも大差無いので、どうせなら好きなアーティストやバンドにとって応援につながるサービスを選びませんか?。曲を一回再生した毎にアーティストに支払われる報酬が圧倒的に高い「Apple Music」の利用が貢献度「大」だと思います!。

タイトルとURLをコピーしました