DOKKEN / UNDER LOCK AND KEY 2つの才能が死闘を繰り広げた最高傑作

スポーンサーリンク
dokken 3rd

UNDER LOCK AND KEY どんなアルバム?

当時のメタラー再生回数第5位の「誰もが愛したアルバム」

とまぁ、初っ端から適当なこと書いてますが、もちろんいい加減な作り話です。

でも、当時の「肌感覚」では既にスラッシュ勢がシーン内で徐々に勢力を拡大しつつありましたので、さすがに上位は厳しいかなとやや遠慮がちな順位にしときました…。

もちろん、私の周りのバンド仲間はじめ友人達の間では断トツの1位でしたけどね~。

という事で、今回は1985年リリースのDOKKEN3枚目のアルバムにして、バンド最高傑作(と言ってしまいましょうこの際)のご紹介となります。

前年の1984年に、LAメタルシーンの度肝を抜いた超名盤2ndアルバム「Tooth and Nail」をリリースしたDOKKEN。

もはやLAメタルなどという狭い枠組みには到底収まり切れない、当時のヘヴィメタルを代表するかのような堂々たる完成度を有したアルバムでした。

ついに巨匠ジョージ・リンチが本気を見せた火力抜群の攻撃的なギタープレイ。

対称的にあくまでもソフトに美しく歌い上げるドン・ドッケンのヴォーカル。

2人個性がぶつかり合う化学反応として生み出されたメロディアスな楽曲群は、DOKKEN初体験だった私にとってまさにおったまげ級のインパクトでした。

DOKKEN / Tooth And Nail LAメタルでは括れない完成度とテクニック
DOKKEN / Tooth And Nail (1984年) LAメタルという既成の枠には収まり切れない完成度とテクニックを兼ね備えた正統派ヘビーメタルバンドの2作目。

当然のように日本でもその人気の炎は燃え盛り、後追いでデビューアルバムに手を出す方々が続出。

でもこのデビューアルバムには「期待したほどの刺激は得られず」若干微妙なリアクションとなったのではないでしょうか…。

(自分がそうだったので、みんなもそうだったと思い込みたいだけ…)

予想外の巨匠沈黙…。

アルバム中、数曲でその片鱗は魅せてはいるものの2ndの衝撃度に比べればほんのお触りレベルでしたね。

DOKKEN / BREAKING THE CHAINS 衝撃的覚醒前のデビューアルバム
この記事では、1983年リリースの DOKKEN デビューアルバム「BREAKING THE CHAINS」のレビュー・おすすめ曲を紹介しています。次作以降でLAメタルの枠組みには収まり切らない程の進化を遂げるバンドのデビュー作。進化後と同じクォリティを期待しての後追いは火傷に注意!。

そして迎えた本作3rd、ヘヴィメタルファン誰もが固唾を飲んで期待した本作のリリース。

見事、やってくれましたね。

凄い、凄過ぎます、このアルバムは、今振り返って聴いてもそう思える(個人的)DOKKEN最高傑作です!。

あま~い!DOKKENの真骨頂である哀愁の旋律に酔いしれる

攻撃性重視の火力強めがお好みの諸兄は2nd、4thアルバムのいずれかを最高傑作と評されるかと思いますが、大日本軟弱メロディアス党の党首としましては、本作の哀愁溢れる美旋律オンパレードには筆舌に尽くしがたい感動を覚えます。

デビュー作のレビュー時にも登場頂いたこの方に、再度ご登場いただきましょう。

amaaai

 

 

 

 

ドン・ドッケンとジョージ・リンチによるバンド内、アルバム制作における主導権争い、確執はもはや自明の理ですが、殊更本作においては「あま~い!」ドン・ドッケンのソフト路線を活かす楽曲が幅をきかせている印象ですね。

ミドルテンポの哀愁美旋律を奏でる楽曲がこれでもかと連発され、そのどれもがシングルカット可能と思えるような万人受けするキャッチーさを持っています。

かと言って、巨匠ジョージ・リンチの超絶プレイが蚊帳の外になっているわけでもなく、各楽曲の要所要所で調和のとれた節度ある主張に徹している状態。

さすがは巨匠、駄々っ子ドッケンを適当にあしらいながらも、深みのある渋いリフやコンパクトにまとめた泣きのソロフレーズなどでしっかりと聴き手を魅了する大人のプレイが素敵過ぎますね。

DOKKEN入門はもとより、HR/HM沼へ足を踏み入れるきっかけ作りには最高最強に相応しいアルバムと言えるでしょう。

バンドメンバー・収録曲

 メンバー

  • ヴォーカル: ドン・ドッケン
  • ギター  : ジョージ・リンチ
  • ベース  : ジェフ・ピルソン
  • ドラムス : ミック・ブラウン

収録曲 

  1. Unchain the Night – 5:20
  2. The Hunter – 4:07
  3. In My Dreams – 4:20
  4. Slippin‘ Away – 3:48
  5. Lightnin‘ Strikes Again – 3:49
  6. It’s Not Love – 5:01
  7. Jaded Heart – 4:17
  8. Don’t Lie to Me – 3:37
  9. Will the Sun Rise – 4:10
  10. Til the Livin‘ End – 4:02

おすすめ楽曲レビュー

2人の類稀なる才能が真正面からぶつかり合った末に誕生した究極の名盤である本作。

今回はその激しい異種格闘技戦を実況する感じでお伝えしていきましょう。

Unchain the Night

 

先ずは、私自身が2ndアルバムを購入時にオープニングでなめてかかって聴き始めてしまい、思い切りカウンターパンチを喰らいましたので、本作では相当の身構えでレコードに針を落とした記憶が…。
そして聴こえてきたのは静かに鳴り響く哀愁のアルペジオ。
 
おっ、そうきましたか今回は。
 
予想外の展開に胸を撫でおろしたかと思いきや、重厚感半端なく研ぎ澄まされた巨匠のリフが刻まれる
展開。
一見何の変哲もないように見える巨匠のジャブ打ちですが、その重さと切れ味にはドッケンも思わず我に返ったかのようにガードを上げて臨戦態勢へ。
 
ミドルテンポの楽曲ながら、ここはドッケンもアクセル全開のベタ踏み発進せざるを得ないと悟ったか、緊迫感で張りつめられた歌声で自らの声帯を思い切り痛めつけるかのような力んだ歌唱で応戦しています。
 
今後の試合展開を左右する大事なオープニング曲だけに、得意のミドルテンポ楽曲で主導権をとらんとドッケンにしては最大限のテンション、時には吐き捨てるような力の入れようで臨んでいますね。
 
しかし、そんなドッケンの思惑は百も承知の百戦錬磨の巨匠。
 
あくまでヘヴィで骨太な楽曲に仕立てるべく、絶妙のトーンでリフ&バッキングで応戦し、勝負所のギターソロでは得意とする泣きのフレーズと見事な構築美を魅せつけています。
 
表面上は両者激しい主導権争いを展開するも、あくまで巨匠は必殺技であるテクニカルプレイは温存したままというのがポイント。
 
予想以上に敵(ドッケン)が序盤から飛ばしてきたのを即座に見切り、ここはあえてスタミナを温存しての中盤以降の長期戦を見据えた巨匠の戦術眼に敬服させられます。
 
結局、両者一歩も引かずにオープニング曲は終了し、勝敗の行方は次曲以降へ持ち越しに。
 
ここで何より悔やまれるのが次曲の扱い。
 
「The Hunter」。
 
決して悪い曲ではないのですが、3曲目にあの名曲「In My Dreams」が降臨するのを知ってしまうと、ここは定石通り「In My Dreams」を間髪入れずに2曲目で展開して欲しかったですよね。

In My Dreams

本記事の冒頭に記した「再生回数」で言えば、一体今まで生きてきた間に何回この曲を聴いたことでしょう…。

いやぁ~、よくも飽きもせずに散々聴いてきたのに、今回久し振りに聴き直してもやっぱり悦に入ってしまう自分のおめでたさに呆れちゃいます…。

でも、やっぱりそれほど惹きつけられる魅力とサビメロの美しさに魅了される究極のハードロックと認めざるをえませんね、この曲は。

いきなりサビメロのコーラスでぶちかますという反則技は、その後BON JOVIの「You Give Love a Bad Name」でも踏襲され、わかっちゃいるけど術中にはまってしまうのがメタラーの悲しい性。

この曲では、まるで温泉にのんびりと浸かっているかのように気持ち良さげに歌うドッケンに対して、苦虫を嚙みつぶしながらも「ここは守りの時間帯」と手数を最小限に抑えてガードを固める巨匠。

しかし敵に簡単にはポイントを与えじと、ギターソロでは効果的なタッピングパンチを的確にヒットさせ、またしても採点はイーブンに。

Lightnin‘ Strikes Again

辛抱の時間を耐え抜き、ここでようやくやってきた巨匠の攻勢の時間帯。

歴史的大勝負に相応しく、王道のパワーコードによるリフで一気にラッシュをかけて、ドッケンをコーナーに追い込んでいきます。

因みにこの時、歴史的な熱い一戦をリングサイドで見守っていたのがクリス・インペリテリ。

その後の自身の作品で、非常にわかりやすいパクリングをなにくわぬ顔で展開していますね。

巨匠のフットワークを活かしたコンビネーションパンチと横腹をえぐるボディパンチのようなギターソロに、完全に劣勢に立たされたドッケンはギミック音声などを持ち出しクリンチに逃れようと必死に防戦。

最後にはなりふり構わずACCEPTのような男コーラス隊も動員するなどして、どうにか持ちこたえこのラウンドを終えます。

Don’t Lie to Me

世紀の一戦もいよいよ雌雄を決する終盤へ突入。

8曲目に収録の(個人的)本作最高楽曲の登場です。

両者の緊張感あふれる激しい攻防から奇跡的に生み出された、あまりに切なく叙情的、ドラマティックな超名曲。

ドッケンにしか歌いこなせない哀愁の歌メロ。

試合前はハンデと目されていたミドルテンポ楽曲を今や完全に見切って自身のものとした巨匠のリフワーク。

全く両者譲らずの激しい攻防が続いてきましたが、遂に決着の時を迎えることに!。

そうです、この曲のギターソロこそ大日本軟弱メロディアス党を率いる私が選ぶ「生涯ベストギターソロ曲30傑」に間違いなくランクインする究極ソロなのです!。

(本当かよ…。)

いやぁ~、凄い、いつ聴いても痺れますね~、このソロは。

決してテクニカルに固執する訳でも、これ見よがしに速弾きをする訳でもなく、非常にコンパクトで短いソロなのですが、とにかく恐ろしいまでに構成が完璧ですね。

格好良い、心に突き刺さる、真の力強さを持ったギターソロとは?という問いに対する明確な答えがこのソロには内包されているように思います。

ソロ中盤に炸裂する魂のこもったカミソリカッティングに、ギタリストとしての誇り、プライドみたいなものを感じてしまいます。

ということで、完全にこのソロで勝負あり!。

本作における「ドッケン VS 巨匠」の異種格闘技戦は8曲目2分30秒、巨匠によるTKO勝ちで決着がつきましたぁ~。

ちゃんちゃん。

まとめ

前作2ndアルバムでその名をシーンに知らしめたLAメタルバンド「DOKKEN」。

期待値MAXのプレッシャーの中でリリースされたのが、より洗練度、完成度を高めたバンド最高傑作の本作3rdアルバムでした。

バンドとしてのポジショニングを盤石なものとしたい制作側としての意図からも、更なるファン層の囲い込みを狙った取っつき易い楽曲で構成されたHR/HM入門教材のようなアルバムですね。

ドン・ドッケンとジョージ・リンチの2人の才能が今回も激しく衝突し、得も言われぬ緊張感が漂う中で、マーケットでの成功を確実視できる上質楽曲をこんなにも量産できるという、バンドとしての能力、地力は驚異的です。

表面的なスピードや攻撃性は封印しつつも、骨太な骨格をもった「THE HR/HM」と言ったリアリティがビシビシと伝わってくる超名盤です。

 

アーティストを応援するならサブスク音楽サービスは「Apple Music」がおすすめです!。

Apple Music」は視聴した時にアーティストに支払われる報酬が他のサブスクよりも高いので、応援するアーティストへの貢献度「大」です。
音も良いですしね~!。
↓↓↓ 詳しくは、下記の記事で紹介しています ↓↓↓

 

 

タイトルとURLをコピーしました