JUDAS PRIEST / SIN AFTER SIN(ジューダス・プリースト/背信の門)

スポーンサーリンク
judas-priest-sin-after-sin

JUDAS PRIEST / Sin After Sin どんなアルバム?

見た目からしてヤバイ渋さ

1977年にリリースされたジューダス・プリーストの3枚目のアルバム。
誰が付けたか「邦題:背信の門」
いやー、とにかくアルバムジャケットのデザインからして格好良すぎますね。
まさにブリティッシュ・ハードロックそのものって感じな様式美。
そして、アイアン・メイデンとかのアルバム邦題もそうですが、HMって漢字との相性が良いですよね。(たまにズッコケなのもありますけど)
ジューダス・プリーストでも、運命、背信、復讐、背徳、贖罪などなど日本語もなかなかやるなって感じがします。

元ディープ・パープルのロジャー・グローバーがプロデュース

プロデューサーはなんと元ディープ・パープルのロジャー・グローバー。
どこでどう繋がったのかは知りませんが、意外ですし普通に期待値は高まります。
でも、これが完全に名前負けする思わぬポンコツぶり!。
思わずうちの昭和がんこ親父が得意げに言っていた「名選手、名監督にあらず」というフレーズを思い出します。
まあ、1977年という時代背景といいますか、機材技術の限界もあるとは思いますが完全にそれ以前の問題!。
とにかくギターの音とかありえないでしょって感じです。
もちろん、70年代当時のハードロック然としたギターサウンドはミルクを入れ過ぎたコーヒーのようにマイルド感が強く音質もこもりがちとなることは理解しているつもりですが。
あまりにも他の楽器とのバランスも悪いし、アンプから直接モノラルマイクで音拾ったの?くらいのレベルで泣けてきます。
折角の2枚看板のギターがHR然としたリフやメロディアスなフレーズを次々に繰り出してきているというのに、全く厚みや工夫もなく、知らない人はクレジット見なければ絶対にツインリードのバンドだなんて思わないです。

際立つロブ・ハルフォードの表現力と楽曲の良さ

これだけ酷評しながらもそれなりのセールスと後世に残る名盤としての評価を得てきたのは、何よりも楽曲そのものの良さとロブ・ハルフォードのボーカルによる多彩な表現力によるところが大きいと思います。
低音~高音までの幅広いレンジを巧みに使い分けたボーカルスタイルはこの時点で既に確立されていたようです。

楽曲も後のライブでは欠かせないバンドの代表曲として育っていく楽曲が数多く収録され、アルバム全体を通して最後まで中だるみすることなく聴き入ってしまいます。
ラストに収録の「Dissident Aggressor」がシングルカットされるあたりは、この当時から意表をつくというかバンドの計り知れない世界観を如実に表しているように思います。
因みにシングルB面は「Diamonds & Rust」で、実質ダブルA面シングルですね。

そして、忘れてはならないのがサイモン・フィリップスのドラム。
本作だけの助っ人参加ではあるもののさすがの職人振りで派手さはないもののドライブ感あるグイグイと推進力のあるドラミングを披露しています。
サイモン・フィリップスは、後にMSG(ザ・マイケル・シェンカー・グループ)デビューアルバム「邦題:神~帰ってきたフライング・アロウ」でも登場してきますので、「神」御用達ドラマーといったところでしょうか。

バンドメンバー・収録曲

バンドメンバー

  • ヴォーカル:ロブ・ハルフォード
  • ギター  :K. K. ダウニング
  • ギター  :グレン・ティプトン
  • ベース  :イアン・ヒル
  • ドラムス :サイモン・フィリップス

収録曲

  1.  Sinner – 6:42
  2.  Diamonds & Rust 3:23
  3.  Starbreaker 4:49
  4.  Last Rose of Summer 5:36
  5.  Let us Prey/Call For The Priest  6:12
  6.  Raw Deal 5:59
  7.  Here Come the Tears 4:36
  8.  Dissident Aggressor 3:06

おすすめ楽曲レビュー

Sinner

オープニングは後のライブでの常連曲ともなるジューダス・プリーストの代表曲の一つ。
シンプルだが凄みのあるリフでドラマティックにスタートするものの、バッキングといいあまりにもギターの音質がチープで勿体ないです。
変調による展開アレンジを重ねながらロブ・ハルフォードが高音域をやんわりと小出ししてきます。
中盤ではスローダウンしながらの幻惑的なギターソロとロブ・ハルフォードの高音がいよいよスロットルを全開にして絡み合います。
悲しいかな後のジャパメタ勢に散見された「ひっくり返り高音」ではなく、グレン・ヒューズやイアン・ギランを髣髴とさせる天然の恵みみたいなものを感じる自然な迫力のあるハイトーンボイスですね。
ラストも圧巻のパフォーマンスぶりで、まさしくボーカルが完全に一つの楽器となっています。

Diamonds & Rust

続く2曲目もこれまた名曲が収録。
2017年に「ロックの殿堂」入りを果たしているアメリカン女性フォーク・ロッカーの第一人者 ジョーン・バエズのヒット曲「ダイヤモンズ・アンド・ラスト」。
折角なので参考までにオリジナルもどうぞ。

オリジナルを聴くと解りますが、序盤こそメロディをなぞってはいるものの、中盤以降(早口言葉的な歌い回しの部分以降)は完全にジューダス・プリーストのアレンジにより見事に化けている楽曲です。
ライブではさらにイントロに「思わせぶり」なサラウンドアレンジも加わり、ファンにとっては堪らない楽曲ですね。
あえてギターソロを独立させずにボーカルのメロディの裏で絡みつくように聴かせる展開は見事です。

Starbreaker

畳み掛けるように3曲目もバンドの代表曲にあげられる楽曲が続きます。
後に登場することになる彼らの真骨頂「鋼鉄のリフ」が産声を上げた瞬間とでも言いましょうか。
ドラムの基本リズムに後からシンプルに乗っかってくるリフはどこか冷酷に淡々と刻まれています。
この曲を聴き直して改めて思うことは、ロブ・ハルフォードの歌唱は実に見事に抑揚が付けられているということです。
高音出しに必死になるあまり、サビでは既にリミッター制御によりそれ以上のパワーを発揮できない、もしくは1速目からベタ踏み全開状態で聴いてるこちらが焼き付いてしまいそうになるボーカルが多い中、ロブ・ハルフォードは必ずサビ部分でもう一つギアを上げてきますね。
それは、音域だけの話ではなく音圧みたいなものをサビ部分で感じてしまいます。
楽曲の作り、メロディの良さと相まって、ボーカル技術とパワー感がリスナーに伝わってより強いインパクトを与えているのだと思います。

Dissident Aggressor

アルバムラストに収録のシングルカット曲「邦題:異端からの反撃」。
本アルバムの中では最もヘビーな作りであり、後にバンドが突き進んでいく方向性に近い作風の楽曲と言えるでしょう。
この曲をシングルカットする辺りが私のような常人には到底理解に及ばない、ジューダス・プリーストというバンドが見ている世界観のヒントなのかなと思います。
「異端」「復讐」「叛旗」など、どこか抑圧される側、少数派側の視点からのメッセージ性をもった楽曲を推してくる印象がありますね。

まとめ

アーティストの誕生日や、アルバム発売日の振り返り(〇周年)のニュースに触れると、その時間の経過の速さに愕然となります。
特にベテラン勢のバンドは全盛期に聴いていた頃からすれば最低でも30年以上は経過していることになるので、年齢60歳代の後半から70歳代のアーティストがわんさかいる筈ですね。
「えっ? あの貴公子のように格好良かったジョー・リン・ターナーが70歳?」とか…。
本当に信じられないというか、嫌になっちゃいます。
当然、自分もそれだけ歳をとっているわけで、その衰えぶりは他人の心配などしている余裕はないのですが…。

冒頭にも記しましたが、80年代~90年代に絶頂を迎えたHMシーンにおける大物アーティスト達はこの先近いうちに続々とリタイア、急逝してしまうようなこともあり得ます。
そうなった時に、HMシーンってどんなバンドや、どんなアーティストが中心となり支えているのでしょうか。
非常に楽しみでもあり、正直不安でもあります。
バンド名だけが老舗の屋号のように受け継がれていく、もしくは息子等の2世の世代が実力をつけて台頭してくるなんてことも考えられますね。

とかなんとか語っておいて、自分が明日ぽっくり逝かないように注意しないと。

タイトルとURLをコピーしました