Judas Priest / Defenders of the faith メタルゴッドの最高傑作

スポーンサーリンク
judas-priest-defenders-of-the-faith

Judas Priest / Defenders of the faith どんなアルバム?

前作(復讐の叫び)とどちらかを選べと言われたら?

ジューダス・プリーストの1984年リリースの9枚目のアルバム(邦題:背徳の掟)。

アルバムセールス的には前作「Screaming For Vengeance(邦題:復讐の叫び)」の方が上回っていますが、本作も負けじ劣らぬヘヴィメタルリスナー必聴盤なのは今更私が言うまでもありません。

甲乙つけがたいジューダス・プリースト全盛期のこの2枚のアルバム。
もしもどちらかを1枚を選べという究極の選択を迫られたら?。
みなさまはどちらを選ぶでしょうか?。
私個人的には「復讐の叫び」は、初めて自分のお小遣いで買った最初のヘヴィメタル系のLPレコードという特別な思い入れもあります。
でも、本ブログで取り上げるジューダス・プリーストの最初のアルバムとして、断腸の思いで私は本作を最高傑作として選ぶことにしました。

JUDAS PRIEST / Screaming for Vengeance(復讐の叫び)真のメタルサウンドを定義付けた伝説の名盤
JUDAS PRIEST / Screaming for Vengeance (1982年) NWOBHMムーブメントの勃興期において真のHMサウンドをシーンに定義付けた名盤中の名盤。オープニングからの間髪入れずの展開はHM史に語り継がれる伝説。

個人的にはジューダス・プリーストの最高傑作!

ヘヴィメタル界で誰もが認める大御所「ジューダス・プリースト」。

文字通り「ヘビーメタル=重金属」を具現化する鋼鉄のリフワーク、鋭利な角度で攻撃的に切れ込んでくるツインギターのソロ。
青筋を立てたこめかみから煙の出そうな勢いで脳天から突き抜けていく感覚に襲われる高音域のシャウトヴォーカル。
もはやヘヴィメタルの原型、スタンダートといえるでしょう。

そして楽曲のみならず、鋲鉄を打ち込んだブラックレザーを身にまとい、ステージにはハーレーで乗り込んでくるパフォーマンスまで含め、彼らそのもがヘヴィメタルの象徴的存在としてシーンの礎を築いてきました。

本作は、そのジューダス・プリーストの長年にわたるキャリアの中でもまさに脂の乗り切った全盛期の作品であり、最高傑作と評価する人も多いことでしょう。
甲乙つけ難い前作よりも後発ということで、明らかに楽曲の完成度はさらに高まり、ギターソロのメロディラインにおいても十分に練り込まれた洗練された深みが出ています。

ヘヴィメタルとは何ぞや?。
まさにその問いへの回答。
無言でこのアルバムを差し出せば事足りるほどに、まさにヘヴィメタル然とした、潔さすら感じてしまう永遠の教科書的楽曲が目白押しです。

熱かったあの時代、灼熱の80年代が体感できます。

ジャケットデザイン「メタリアン」はライブでも活躍

本作のジャケットデザインは、前作「復讐の叫び」の鋼鉄の鳥獣で高い評価?を得たデザイナーが引き続き担当しています。

本作のデザインではライオンなのか、トラなのか、般若の面なのか解りませんが謎の鋼鉄獣が登場。
「メタリアン」と名付けられたこの鋼鉄獣は、後のライブにおいてもステージセットとして登場。
アイアン・メイデンの「エディ」同様に、ジューダス・プリースト=「メタリアン(鋼鉄獣)」というシンボリック性を高めることにも貢献しました。

バンドメンバー・収録曲

【メンバー】

  • ヴォーカル: ロブ・ハルフォード
  • ギター  : グレン・ティプトン
  • ギター  : K.K.ダウニング
  • ベース  : イアン・ヒル
  • ドラム  : デイブ・ホーランド

【収録曲】

  1. Freewheel Burning – 4:24
  2. Jawbreaker – 3:26
  3. Rock Hard Ride Free – 5:33
  4. The Sentinel – 5:02
  5. Love Bites – 4:47
  6. Eat Me Alive – 3:35
  7. Some Heads Are Gonna Roll – 4:07
  8. Night Comes Down – 4:00
  9. Heavy Duty – 2:25
  10. Defenders of the Faith – 1:26

おすすめの楽曲レビュー

Freewheel Burning

ジューダス・プリースト史上最高傑作アルバム(個人的に)のオープニングは、超攻撃的なスピードチューンで幕を開けます。
まさにカーレースにおける激しいバトル、極限まで酷使され悲鳴を上げながらも必至に路面に噛りつくタイヤホイールといった情景が鮮明に浮かび上がりながら重金属音が脳みそを直撃してきます。
相変わらず高音域を日常生活としているロブ・ハルフォードは、のっけからフルスロットル全開で飛ばしまくっています。
ツインエンジンと化したツインリードのギターの馬力は半端なく、グレン・ティプトンの切れ味鋭いソロから、K.Kダウニングとのツインソロへと移行。
ユニゾンからハモリに展開していく流れは、これぞジューダス!、これぞHM!と身震いがするほどのかっちょ良い展開です。

Jawbreaker

オープニングを受けてその流れをより強烈に印象付ける大切なポジショニングの2曲目。
最高傑作に相応しい完成度を極めた楽曲展開はただただ純粋に格好良い、格好良すぎます。
決してスピードだけに頼るわけでもなく、シンプルなリフで徐々に盛り上げながらサビメロでピークへと持っていくというHMの王道、ドラマティックな鉄板の曲構成が見事です。
そして圧巻はギターソロ。
決してトリッキーなテクひけらかしではなく、あくまで楽曲の世界観、流れを重視しつつも骨太で心に染み入るような、HMリスナーの期待に応える安定感がありますね。

Rock Hard Ride Free

やばい、このままだと結局おすすめではなく全曲レビューになってしまいます。
3曲目はこれまたイントロの泣きメロのギターで完全にその世界に力ずくで引きずり込まれてしまう名曲中の名曲。
邦題「鋼鉄の魂」。
ここでも盤石のツインギターによるソロは、両者がっぷりよつに組んだまま土俵狭しと技の掛け合い、泣きメロの応酬を展開。
横綱同士の大一番を砂かぶりの特等席で観ているかのような、この上ない贅沢な至福の音空間を提供してくれています。

The Sentinel

怒涛の4連チャン。
恐らく後にも先にもおすすめ曲の4連チャン達成はこのアルバムくらいとなるでしょう。
(まだまだブログ初心者で記事数も少ないのでわかりませんが…)
しかしこの曲に触れないという選択肢はあり得ません。
数あるジューダス・プリーストの楽曲の中でも、5本の指に入るでしょう傑作中の傑作。
邦題「死の番人」。
前作「復讐の叫び」におけるオープニング曲「ヘリオン」にも似た、ミステリアス&ドラマティックなイントロを経て劇的に展開されるリフ展開には本気で鳥肌が立ちます。
そしてサビメロにおけるロブ・ハルフォードのボーカルは、文字通り「死の番人」そのもの。
魂の叫びです。
アルバムのクライマックスとも言える傑作曲でのギターソロは、いつにも増して激しいバトルの応酬が交わされ、最後には珍しくトリッキーなボリューム奏法による小技も見せてくれています。
エンディングまで完璧にキメられた後には静寂の余韻と共に、虚脱感と心地よい耳鳴りが残ることでしょう。

まとめ

IRON MAIDENと並んで、恐らく地球上で最も知名度の高いHMバンドの一つであるジューダス・プリースト。

メタルゴッドと称される程に存在感とカリスマ性を誇るボーカルのロブ・ハルフォードを文字通り支柱として、水戸黄門における助さん角さんのように盤石に脇を固めるツインギター、派手さはないものの躍動するエンジンを支える強固なエンジンマウントの如くいぶし銀のプレイで土台を固めるリズム隊。

長年にわたるバンドとしてのキャリア、紆余曲折を経て、80年代のHR/HM全盛期においてまさに孤高の金字塔を打ち立てたジューダス・プリーストの全てが凝縮された名盤中の名盤です。

 

アーティストを応援するなら、サブスクは「Apple Music」がおすすめです!。
Apple Music」は視聴した時にアーティストに支払われる報酬が、他のサブスクよりも高いので応援するアーティストへの貢献度「大」です。

サブスク音楽 おすすめはアーティストへの貢献度で「Apple Music」にキマリ!
この記事では、サブスク音楽配信サービスのおすすめとして「Apple Music」を紹介しています。ぶっちゃけどこも大差無いので、どうせなら好きなアーティストやバンドにとって応援につながるサービスを選びませんか?。曲を一回再生した毎にアーティストに支払われる報酬が圧倒的に高い「Apple Music」の利用が貢献度「大」だと思います!。

タイトルとURLをコピーしました