SAXON / Wheels of Steel NWOBHMを牽引した老舗バンド 初期の名盤

スポーンサーリンク

SAXON / Wheels of Steel どんなアルバム?

NIPPON! チャチャチャ! SAXON! チャチャチャ

1964年の東京オリンピックで「東洋の魔女」との異名を誇る日本女子バレーボールチームが金メダルを獲得して以来、1980年代にかけて日本でのバレーボール人気は根強いものがありました。

当時のバレーボール観戦での応援は、掛け声と手拍子による「ニッポン!チャチャチャ」の大合唱が定番。今でも(なぜか)ジャニーズが煽って応援していますね...。(何のこっちゃ?)

今回、おすすめするサクソンというバンドに対して、私が真っ先に思い起こすもの。

それは1982年発売のライブアルバム「The Eagle Has Landed(邦題:鷹は舞い降りた)」のオープニングで聴こえる野太い男たちの「サクソン!チャチャチャ」の掛け声です。(これが言いたかっただけ...)

NWOBHM四天王の一角を担う重鎮

サクソンを語るうえで避けて通れないのがNWOBHMムーブメントですが、私にとってのNWOBHM四天王をあげるとすれば、Iron MaidenDef LeppardPraying Mantis、そしてSaxonとなるでしょう。

人によっては、いやいやそこはMotor headだろ!とか、色々言う人もいそうですが、あくまで個人の主観なのでご容赦下さい。

そんなわけで40年以上もの長きに渡りブリティッシュ・ヘヴィメタルを牽引してきた老舗バンドが、1980年にリリースした2枚目のアルバムが本作です。

デビューアルバムよりも楽曲の勢いが増し、続く3枚目、4枚目のアルバムと合わせて、文字通り男臭いバイク乗りメタルのイメージを完全に確立させた作品と言えます。

まさに爆走感のある疾走チューンや、重厚感のあるミドルテンポの渋い楽曲など、緩急をつけた展開で聴き応え十分な作品となっています。

そして何と言ってもサクソンの真骨頂はそのライブパフォーマンスにあり、冒頭に言及したライブアルバムでは、スタジオ盤をはるかにしのぐクオリティで代表曲を聴くことができます。

なので、今回のおすすめ(ピックアップ)曲は、上記ライブアルバムの音源を貼り付けておきますので、じっくりと堪能して頂きたいと思います。

「サクソン!チャチャチャ」「サクソン!チャチャチャ」「サクソン!チャチャチャ」

バンドメンバー・収録曲

【メンバー】

  • ボーカル: ビフ・バイフォード
  • ギター : グラハム・オリバー
  • ギター : ポール・クィン
  • ベース : スティーブ・ドーソン
  • ドラム : ピート・ギル

【収録曲】

  1.  Motorcycle Man – 3:56
  2.  Stand Up And Be Counted – 3:09
  3.  747 (Strangers In The Night) – 4:58
  4.  Wheels Of Steel – 5:58
  5.  Freeway Mad – 2:41
  6.  See The Light Shining – 4:55
  7.  Street Fighting Gang – 3:12
  8.  Suzie Hold On – 4:34
  9.  Machine Gun – 5:23

おすすめの楽曲レビュー

Motorcycle Man

ライブのオープニングに相応しい疾走ナンバーで、サクソンの代名詞とも言える楽曲。

あれ?、リマスター・バージョンで「サクソン!チャチャチャ」の観衆の叫びがトーンダウンされちゃったかなあ?。(まあ、どうでもいいですが...)

サクソンの楽曲はいずれもリフはシンプル、ドラム&ベースが手数多めに疾走感と重厚感を演出、独特の突拍子もないギターソロのメロディといった特徴を持っています。

747 (Strangers In The Night)

間髪入れずに2曲目を展開するあたり、さすがです。

見事にツボを押さえています。

格好良すぎです!。

スタジオ盤に比べて、ややスビードも上がり、サビメロが改善され、個人的にドラムの音数が圧倒的に多いのが嬉しい変身ぶり。

ほんと、小難しいことなんてやる必要なんて無いのよね~。

最小限とも言えるプレイでこれだけの名曲が作れちゃうんだから。

これからロックギターを始める人なんかには、これ以上ないおすすめの楽曲だと思います。

スモーク・オン・ザ・ウォーターをマスターしたら次にはこの曲を練習しましょ。

Wheels Of Steel

高校の時の文化祭で、先輩のバンドがこの曲やってたなあ。

とにかくステージ上で激しく動き回りながら、ノリノリでギターを掻きむしるように弾いてて格好良かったのを思い出します。

このライブ音源でも、途中で観客を煽って歌わせてますが、こういうノリや一体感を得られるバンドのライブってやっぱりファンの記憶にいつまでも残るものだと思うのです。

まとめ

男臭いヘビー・メタル道の一本道をバイクで爆進し続けて、長きに渡りNWOBHMを牽引してきたSAXON。

途中、ハイウェイ・ジャンクションで進路を間違えて迷走していた?時期もありましたが、試行錯誤の末に、今もバイクに跨ったまま現役で頑張っている姿勢には感服しますし、心から敬意を表したいと思います。

やっぱり音楽に限らず何でもそうなんだと思うけど、「ブレない」ことって大事なような気がします。

 

サブスク音楽 おすすめはアーティストへの貢献度で「Apple Music」にキマリ!
この記事では、サブスク音楽配信サービスのおすすめとして「Apple Music」を紹介しています。ぶっちゃけどこも大差無いので、どうせなら好きなアーティストやバンドにとって応援につながるサービスを選びませんか?。曲を一回再生した毎にアーティストに支払われる報酬が圧倒的に高い「Apple Music」の利用が貢献度「大」だと思います!。

タイトルとURLをコピーしました