Iron Savior / 1st 漢臭さ満載の本格派ジャーマンメタル

スポーンサーリンク

Iron Savior / Iron Savior どんなアルバム?

カイ・ハンセンの旧友ピート・シルク率いる王道ジャーマンメタルバンド

ハロウィン~ガンマ・レイのカイ・ハンセンの参加で話題を集めた、ジャーマンメタルの王道サウンドを直球勝負で貫くアイアン・セイバーの1997年発表のデビューアルバム。

カイ・ハンセンのネームバリューに隠れがちですが、バンドの創始者はカイの旧友のピート・シルク。
プロデューサーやエンジニアとしての顔も持つこのスキンヘッド男の、漢臭いボーカルとコテコテのジャーマンメタルの音楽性は、ハマる人には悶絶物の作品です。

今でこそ、ベテラン勢も仲良く髪が薄くなりスキンヘッドも大分増えてきましたが、当時はまだスキンヘッド = ”渋い” という所までの世間的な許容応力はなく、実力はあるのにルックス的なハンデで今一つ人気が出なかったバンドのように思います。

というか、当時のピート・シルクは完全にスキンヘッドでなく、いわゆる短髪のハゲ状態だったのでいまいち中途半端...。

カイ・ハンセンのおでこの広さも当時から揶揄されていましたが、それ以上に「後退」していたピート・シルクはもっと早く全部剃った方が良かったのだと思います。(どうでもいいか…)

畳みかける疾走チューンに悶絶必至の名盤

肝心のアルバムの内容、楽曲ですが、こちらは非の打ちどころのないジャーマンメタルファンが期待する要素が全て完璧に揃えられた素晴らしい内容となっています。

プロレスで言えば、アントニオ猪木がジャーマンスープレックスをあの芸術的なブリッジで決めたようなものです。

特に、オープニングから4曲目までの怒涛の疾走チューンは圧巻!。

エッジの効きまくった切れ味鋭いリフ、漢臭さ満載のパワフルなボーカル、タイトそしてクールに淡々と刻み続けるドラミング、キャッチーかつメロディアスなサビメロ...。

パワーメタルと言いつつ、いざ聴いてみるとシンフォニック系のキラキラ音楽会の場合が意外と多いんだよな~。
と、お嘆きの貴兄には、辛口の本格派、菊正宗ともいうべき、アイアン・セイバーが絶対におすすめです。

パワフル&アグレッシブなピート・シルクのボーカルは、ともすると一本調子でアルバムの終盤には多少の「飽き」も生じてきますが、何よりも前半で稼いだアドバンテージ評価はあまりに大きく、アルバム全体の評価を決定付けているといえるでしょう。

バンドメンバー・収録曲

【メンバー】

  • ヴォーカル: ピート・シルク(兼ギター)
  • ギター  : カイ・ハンセン
  • ベース  : ディルク・シュレヒター
  • ドラム  : トーメン・スタッシュ

【収録曲】

  1. the arrival
  2. atlantis falling
  3. brave new wold
  4. iron savior
  5. riding on fire
  6. break it up
  7. assailant
  8. children of the wasteland
  9. protect the law
  10. watcher in the sky
  11. for the world
  12. this flight tonight

おすすめの楽曲レビュー

Atlantis falling

オープニングの壮大なスケールのインスト曲で、ジャケットデザインのようなSFチックな世界観をプンプン醸し出してからの~、お約束的な疾走チューンの展開です。
わかっちゃいるけどやめられないこのパターン。
歪ませ過ぎずにクリア感のある切れ味最高のギターリフに被せてくるピート・シルクの漢臭さ満載のボーカル。
タイト感重視のドラムはスネアのトーンは抑え気味、おかずはちょい多めでめっちゃ好み。
加えてギターソロはツインのハモリをこれまたかっちょ良くキメてくる必勝パターンです。
ジャーマンパワーメタルのお手本的な楽曲ですね。

Brave new world

続けざまに、疾走チューンが畳みかけてきます。
基本的な作りは前曲と同様ですが、やや強引とも言える曲展開(変調)からの印象的なサビへの導き方で違いを明確に打ち出しています。
ラーメンで例えるなら、醤油とんこつと味噌とんこつの違いとでも言いましょうか(?)。
ピート・シルクの漢臭いボーカルは、背脂一杯のこってり風味ですが、クリアでキレのあるギターのメロディラインがうまいこと中和して楽曲としての完成度(味)を整えているようです。

Iron savior

バンド名のタイトル曲だけのことはあります。
本作の中でも特におススメしたい最高の楽曲。
誰が何と言おうと、これぞヘビーメタルのリフと形容できる完璧なコテコテリフである。
あわよくば、私のお気に入りバンド「アクセンスター」のように、ブリッジ部分などはしつこくこれでもかとこのリフを繰り返し、ラストもダメ押しでもう一度リフに戻って終わる位にして欲しかったです。(その位に完璧なまでに琴線を支配された鳥肌物の王道リフですね)。
この曲、これまで通算何回聴いたでしょうか。
でも全く飽きることなく、聴くたびに心地よくなれるリフです。
(リフ、リフって何回言ってんねん、て位にしつこく攻めて欲しいリフなのです。⇒もはや言いたいだけ…)
アルバムの曲順構成を考えると、疾走チューンを2曲続けて連発するよりも、間にこの曲を挟んでリスナーをガシッとホールドしてしまった方が良かったのではと思えてなりません。
ピート・シルクのパワフルなボーカルも完全に楽曲とマッチしており、紛れもないアイアン・セイバーのベストチューンと言えるでしょう。

まとめ

申し分のないテクニックと、パワー感、メロディアス性に富んだ完成度の高い粒揃いの楽曲を有しながら、今一つ(二つ?)過小評価、人気の出なかったアイアン・セイバー。

ジャーマンパワーメタルの本筋を極めるかのようなデビューアルバムは、非常に解りやすいコテコテの作品です。

もしもピート・シルクに髪の毛があったなら…などと無いものねだりしても始まりません。
神様はちゃんと彼にパワフルなボーカルとセンスあふれるメロディメイカーとしての才能を天賦しているのですから。

惜しまれつつも潔く引退した阪神 藤川球児の火の玉ストレートのような「漢メタル」アイアン・セイバー。
その心地よさを体感したい時は、迷わずセレクトしたい名盤です。

タイトルとURLをコピーしました