Vanishing Point / Dead Elysium 本格正統派メロパワファン御用達の傑作

スポーンサーリンク
vanishing-point-6th

今回ご紹介するアルバムは「基本的にメロディアス性を好むんだけどチョッと男臭くて硬派な感じのメタル曲が聴きたいな~」っていう気分の人におすすめしたい作品です。

VANISHING POINT  / Dead Elysium

VANISHING POINT / Dead Elysium どんなアルバム?

イカ天に登場していたVANISHING POINTとは別物です…

1989年~1990年にかけて毎週土曜日に放映されていた深夜番組『三宅裕司のいかすバンド天国』(イカ天)。
三宅裕司と相原勇の司会で毎週10組のアマチュアバンドが紹介されていた夢のようなTV番組ですが、その番組にもバニシング・ポイントというバンドが出演していたのを記憶しています。
当然、(と言っては失礼か…)今回ご紹介したいベンドとは全くの別物ですが、チョッとだけ触れておきますと…。

都はるみを髣髴とさせる「こぶし」を効かせたパワフルな歌唱が印象的だったボーカル。
おへその辺りを中心にクルクルとベースを回転させるパフォーマンスが印象的なベース。
この2人が女性で衣装も結構キテました…。
そして、恐らくリーダーであろうギターの男性は、イングヴェイそっくりの衣装をまとい、なり切ってポージングをキメまくるテクニシャンでした。

今観ると、「ガキ使 笑ってはいけない」的な動画となってしまいますが…。
ご参考までに。

豪州産パワーメタルバンド「VANISHING POINT」

VANISHING POINT  / Dead Elysium」は2020年8月28日リリースのバンド6枚目のアルバム。

私がこのバンドを知ったのは他のブロガーさんが「おすすめ曲」として紹介していた本作2曲目に収録の「Count Your Days」のMVを観たのがきっかけです。
ですので、オーストラリア産のバンドであるということ以外にはこれと言った語れるような情報は持ち合わせておりませんが、既出の周知情報を少しだけ整理しておきます。

バンドの結成は1995年頃~デビューアルバムは1997年にリリースされています。
その後のメンバー交代により、結成当時のメンバーで残っているのはヴォーカル:シルビオ・マッサロと、ギター:クリス・ボルシアンコの2人のみのようです。
このバンドでの重要な要素となっているキーボードについては、本作ではクレジットが無いようですが、おそらくダニー・オールディングが継続して担当しているものと思われます。
その後も不定期ながらアルバムをリリースし続け、本作は約6年ぶりとなる最新作です。

個人的にどストライクなサウンドと音楽性

サウンドは、シンフォニックメタルの数歩手前で踏み止まった感があり、個人的には大好物。
「格調」「キラキラキーボード」という世界観まではあえて到達させずに、あくまで切れ味抜群のギターを主軸にし、味付け役として要所要所で幻想的なスケール感を醸し出していく程度のキーボード。
それらが互いに織り重なりながら流麗なメロディラインを構築していくというスタイルです。
そして、その美しいメロディラインの上を、シルビオ・マッサロの野性味あふれる野太い声質のヴォーカルが熱量半端なく歌い上げていくというのが基本形となっています。

ややもするとただの暑苦しさだけが誇張され、コテコテスタイルに陥りがちな男臭いボーカルが、バックの剛柔巧みに美しく展開されるメロディラインによって見事に中和され、非常に完成度の高い楽曲を全身で浴びているような感覚が味わえる作品だと思います。

バンドメンバー・収録曲

バンドメンバー

  • ボーカル: シルビオ・マッサロ
  • ギター : クリス・ポルシアンコ
  • ギター : ジェームズ・マイヤー
  • ベース : ガストン・チン
  • ドラムス: ダミアン・ホール

収録曲

  1. Dead Elysium
  2. Count Your Days
  3. To the Wolves
  4. Salvus
  5. The Fall
  6. Free
  7. Recreate the Impossible
  8. Shadow World
  9. The Healing
  10. The Ocean
            タイトルとURLをコピーしました