White Lion / Pride ’80年代LAメタルで絶対に聴いておきたい名盤中の名盤

スポーンサーリンク
white-lion-pride

現在も根強い人気を誇るモトリー・クルーや、洗練された独特の世界観を構築したRATTなどを筆頭株として、’80年代を我が物顔で席捲していた「LAメタル」。

その中でも、楽曲センスとテクニカルなギタープレイが他のバンドとは一線を画し、ひと際光っていたバンドが「White Lion」でした。

White Lion / Pride どんなアルバム?

生涯のベストアルバムに挙げる人も多い名盤中の名盤

twitterを見ていると、プロフィール欄などに「私を構成するアルバム〇〇枚」等で、自分が最も影響を受けたアルバムを紹介されている人を見かけます。

誰もが認める文句なしの名盤を揃えて挙げている人もいれば、殆ど聴いたことの無い初見のジャケットばかりの相当のマニアの方など様々です。

ただ、’80年代をリアルタイムで体感してきた人でかなりの確率で「推し」として挙げられていることが多いのがこのホワイト・ライオンの2ndアルバム「Pride」かと思います。
当時はまだLPレコード盤の最終期ころだったでしょうか、このジャケットデザインには迫力がありました。
一度見ただけで忘れずに脳にインプットされるジャケットデザインも本作の持つ強みの一つですね。

肝心の中身は、とにかく全曲どれもがシングルカット候補、全てがヒットチューンとなってもおかしくない楽曲の良さです。
そして単なる売れ線狙いの楽曲という単純な評価で終らせないヴィト・ブラッタのテクニカルなギタープレイ。
元来正統派のHR/HMを好むリスナーをも惹きつけ興味をそそられる作品として仕上がっていることが大きなポイントだと思います。

デビューアルバムの音楽性を踏襲した、LAメタルらしからぬ哀愁を帯びたメロディラインは更に磨きがかかり、キャッチーな味付けが濃い目にされた楽曲が目白押し。

ハードさとテクニカルなギタープレイを好むならデビュー作、万人受けする売れ線楽曲のオンパレードを好むなら本作と言ったところでしょうか。
(因みに、私は即答でデビュー作に軍配!)

クセの強いヴォーカルとトリッキーなギターの2枚看板

相変わらずの好き嫌いがはっきりと分かれる独特の声質と歌い回しの、マイク・トランプのヴォーカル。
気にならない人ならそれ程下手クソには思わないのでしょうが、気になる人には受付拒否されてしまうクセの強さ?。
それでも、そのハンデ?を克服してあまりある楽曲、メロディラインの素晴らしさで容易くカバーされているのがこのバンドの真骨頂。
(しかしながら、さすがにライブにおいては誤魔化しはきかず多くの人々が酷評しているようです…。)

そして、「あの人はいま?」のTV番組で一度取り上げて欲しい程に、完全にシーンから姿を消してしまったギターのヴィト・ブラッタ。
デビューアルバムで衝撃をくらったそのテクニカルかつ自由奔放なプレイスタイルは、まさしくEd VAN HALENを髣髴とさせる逸材でした。
早さとか、タッピングがどうのという技巧的なテクニックではない、メロディフレーズの作り方(音の並べ方?)の創造的なテクニックがちょっと異次元の感覚です。

最近亡くなってしまった昭和のヒットソングメーカー「小林亜聖」さんも多用していたという、想定外の音階への音の飛ばしによる、メロディフレーズへのインパクト付けがお見事ですね。

asei-kobayashi

(もっとも、小林亜聖さんの場合は元々が少ない音階数のメロディフレーズから飛ばすから解りやすいけど、ヴィト・ブラッタやE VAN HALEN、RANDY RHOADSあたりの天才クラスになると尋常じゃない飛ばし方になっていてもう何とも言い表せませんね。)
(飛ばしてるように聴こえるだけ?)

バンドメンバーと収録曲

バンドメンバー

  • ヴォーカル:Mike Tramp
  • ギター  :Vito Bratta
  • ベース  :James Lomenzo
  • ドラム  :Greg D’ Angelo

収録曲

  1.  Hungry
  2.  Lonely Nights
  3.  Don’t Give Up
  4.  Sweet Little Loving
  5.  Lady of the Valley
  6.  Wait
  7.  All You Need Is Rock N Roll
  8.  Tell Me
  9.  All Join Our Hands
  10.  When the Children Cry

おすすめ楽曲レビュー

全曲おすすめです。
以上です。
と言いたくなってしまう程に難しい(というか実は書くのが面倒くさい)アルバムですね。
こういう時は、無理をせずに自分の書きたいように書くという勝手なルールに決めました。

今回は超名曲「Hungry」のみの聴き比べ特集!

名盤中の名盤だけに、是非ともCDを購入もしくは音源をダウンロード購入して頂いてじっくりとアルバムを堪能して頂くとして。
今回は初の試みで、アルバムオープニング曲の「Hungry」の数種類の音源を聴き比べレビューしてみたいと思います。

先ずは通常バージョンから

いやぁー、いつ聴いても素晴らしい楽曲ですね。
重厚かつテクニカルで印象に残るリフ、厚みを最大限に意識しつつ随所にトリッキーなおかずを配置、キャッチーながら湿り気のある哀愁も感じるサビメロ、予定調和を崩しにかかってくるギターソロなど、まるでフルコース料理を頂いているかのような感覚になります。
(とか言って、フルコース料理なんて生まれてから結婚式くらいでしか味わったことがありませんが…)

続いてレア音源集『Anthology ’83-’89』より

これは酷い…。
これがもしも彼ら自身ではなく、他のバンドによるカバーアレンジだったとしたら「名曲 Hungryへの冒涜」と糾弾されるレベルですね。
イントロに付け足されたありがちなアレンジでこそ若干の期待感を持たされたものの、いざ曲が始まった途端のズッコケぶりに思わず頭を抱え込んでしまいます。

折角の’80年代LAメタルのベストを争ってもおかしくないレベルの、至宝のリフを投げ捨ててしまうという暴挙!。
そして、タメの美学、哀愁の間といった本来この楽曲が持つ最大の要素をあっさりと放棄した安直なアップテンポ化。
もう、意味が全くわかりません…。

折角の哀愁メロディをアップテンポにしてどうする?と、バンドメンバーもしくはプロデューサー?の喉元に思いっ切り「地獄突き」を入れてあげたくなりますね。
(ついでに、倒れ込んだところにエルボーも落としてやりましょう)

この軽々しい安っぽさ、一歩間違えばあの名曲もこんな無残な曲になっていたのかと思うと、運転免許の更新時に違反者講習で見せられる「ヒヤリハット動画」を見た時のように、背筋が凍り付きます。

そして何よりも許せないのがドラム。
もはやプロとしての自覚無いでしょ的な、無気力なお囃子太鼓、合いの手状態じゃあーりませんか!。

このバンドが短命に散った本当の理由が垣間見れるような悲しい音源です…。

続いても、酷評されがちなライブ音源から

ライブでのマイク・トランプの息切れヴォーカルを一生懸命にフォローカバーしようとするヴィト・ブラッタの涙ぐましい程の奮闘プレイぶりが聴ける音源!。

元々4人編成のシングルギターなのでライブでの苦戦は必至な状況ながら、更に酸欠?かのような息切れ気味のヴォーカルの非力さもカバーしなくてはならないというあまりの重荷。

そんな重圧をものともせずに、ヴィト・ブラッタのギターは心地良いハーモニクス音とトリッキーな音色を連発させながら楽曲中の音の隙間をオブリガードで見事に埋めていきます。

映像を見なくとも音を聴くだけで「相当色んなことやってますね」と想像できちゃう位にトリッキーなおかずがてんこ盛りですね。

反面、ここでも気になってしまうのはドラムの不安定さ。

音の隙間をなるべく作らないようにとの意図なのか、常に一人だけ走りがちですね。

おかずも安直で魅力を感じず、むしろ入れないでくれた方が良かったのに的なレベルで残念です。

まとめ

言うまでもありませんが、大ヒットアルバムである本作には「When the Children Cry」「Wait」と言ったバンドをメジャーシーンに一気に押し上げたシングルヒット曲が収録されています。

そして、他にも「Lonely Nights」「Don’t Give Up」といったデビューアルバムの踏襲路線の楽曲もあり、本当に捨て曲無しの名盤として超おすすめです。

それでも、個人的にはデビューアルバムのあの衝撃にはかなわず、どちらかを選べと言われれば私はデビューアルバム派です。

とにかく音の厚みを!と、リバーブをMAXに効かせたようなヴィト・ブラッタのギターの音色が少々いじくり過ぎの印象で、デビュー作のようなナチュラル感を残したギターの音色の方が哀愁のソロメロディとの相性も良いように思います。

デビュー作、そして本作と良質で完成度の高い楽曲を輩出してきたホワイト・ライオンの魔法の泉もとうとう枯れる時が来たのか?、続く3作目ではより一層アルバムに対する評価が分かれることとなり、その後バンドは徐々にシーンから忘れ去られていくこととなってしまいます。

 

アーティスト、バンドを応援するなら音楽配信サービスは「Apple Music」がおすすめです!。
他の音楽配信サービスに比べて、アーティストへの報酬が断然高く、貢献度「大」です!。

サブスク音楽 おすすめはアーティストへの貢献度で「Apple Music」にキマリ!
この記事では、サブスク音楽配信サービスのおすすめとして「Apple Music」を紹介しています。ぶっちゃけどこも大差無いので、どうせなら好きなアーティストやバンドにとって応援につながるサービスを選びませんか?。曲を一回再生した毎にアーティストに支払われる報酬が圧倒的に高い「Apple Music」の利用が貢献度「大」だと思います!。

タイトルとURLをコピーしました