Accept / Metal Heart 日本での人気を確立した名盤

スポーンサーリンク

Accept / Metal Heart どんなアルバム?

マーケットを睨んだ傑作で一気にメジャー舞台へ

スコーピオンズと並んでジャーマンメタルの王道を切り開いてきた開拓者アクセプト。
「Metal Heart」は1985年リリースの6枚目のアルバムです。

アクセプトといえば圧倒的な存在感を誇るのがボーカルのウド・ダークシュナイダーですが、本作においてはウドのヴォーカルもさることながら、ウルフ・ホフマンのアメリカ市場を睨んだ楽曲作り、アルバムとしての完成度の高さがひと際輝きを放っています。

初期メンバーのヨルグ・フィッシャーがギターに復帰し、プロデューサーはスコーピオンズを手掛けてきたディーター・ダークスが担当。

盤石の態勢で制作された本作は、アメリカ市場を意識したキャッチーで親しみやすいメロディを持ち込んだ楽曲作りで大ヒットを記録することに。

統率されたライブパフォーマンスでファンを魅了

どちらかといえば、ウドの喉が切り裂かれたようなヴォーカル、いかにも欧州的な叙情派バラード、「Balls to the WALL」に代表される男臭い重低音軍隊メタル曲など、マーケットでの反応を度外視した我が道を突き進んで行く印象が強かったアクセプト。

しかしながら本作では、ようやく本腰入れてマーケットを意識し表舞台へ登場してきた印象で、そのインパクトは凄まじく、シーンの注目を集めることになります。

因みに、欧米では既に前作の「Balls to the WALL」がマーケットで一定の評価を獲得しており、本作でその評価をより強固なものとした印象ですね。
「Balls to the WALL」はジャケットデザインをはじめ、ちょっと日本のファンには刺激が強すぎたようで、日本ではやはり本作「Metal Heart」がアクセプトをメジャー級バンドに押し上げた出世作と言えるでしょう。

ACCEPT / BALLS TO THE WALL 屈強なリフと野太いコーラスの最高傑作
この記事では、1983年リリースのACCEPT 5枚目アルバム「BALLS TO THE WALL(邦題:闇の反逆軍団)」のレビュー・おすすめ曲を紹介しています。マーケットに迎合することなく自らの音楽性をより明確に際立たせた姿勢をジャケットデザインにも具現化。退路を断った真剣勝負に挑んだ最高傑作です。

そして、彼らへの支持を揺るぎないものとしたのが、その圧倒的なライブパフォーマンス。
謎のベールに包まれていた感覚のウドのボーカルと、ゲルマン民族特有の規律正しい統率感のあるメンバーの動き、地力ある安定の演奏テクニックで、日本ファンの興味と評価を一気に急上昇させました。

バンドメンバー・収録曲

【メンバー】

  • ヴォーカル: ウド・ダークシュナイダー
  • ギター  : ウルフ・ホフマン
  • ギター  : ヨルグ・フィッシャー
  • ベース  : ピーター・バルテス
  • ドラム  : ステファン・カウフマン

【収録曲】

  1. Metal Heart – 5:19
  2. Midnight Mover – 3:05
  3. Up to the Limit – 3:47
  4. Wrong Is Right – 3:08
  5. Screaming for a Love-Bite – 4:06
  6. Too High to Get It Right – 3:47
  7. Dogs on Leads – 4:23
  8. Teach Us to Survive – 3:32
  9. Living for Tonite – 3:33
  10. Bound to Fail – 4:58

おすすめの楽曲レビュー

Metal Heart

アルバムのオープニングはクラシック音楽「チャイコフスキーのスラブ行進曲」のアレンジで幕を開けます。
ステファン・カウフマンの渾身のドラミングとともにイントロリフが脳と心臓に一音一音刻まれてきます。
この楽曲は個人的に何よりも思い入れの強い曲。
当時、受験生だった受験日当日の朝、駅までの道すがらウォークマン(もちろんカセット…)でこの曲をフルボリュームで聴きながら歩いたのを思い出します。
私の歩く歩調と全く同じテンポで、微妙なタメを持って叩き込まれるドラムのスネア、そして何よりもタイトル「Metal Heart」という気合いみなぎるサビの低音バックコーラス。
まさに「おらおら、気合い入れてけよーっ!」と鼓舞してくれているかのように、自分を奮い立たせてくれました。
(おかげ様で無事に合格できました!)
そして、ギターソロにはこれまたクラシック「ベートーベンのエリーゼのために」がアレンジ引用されるという、クラシック音楽ファンならずとも誰もが聴き覚えのある名曲との融合により、一度聴いたら耳から離れない見事な構成の楽曲です。
人生におけるちょっとしたプレッシャーのかかった時、気合い入れて勝負をしなければならない時などには、是非この曲を聴いてアドレナリンを大噴火させて自らを鼓舞することをおすすめします!。

Midnight Mover

2曲目も申し分のない楽曲が満を持して登場。
親しみやすくキャッチーな曲調ながらも、ヘヴィメタルの王道を行く正統的なリフ展開など、とにかく最高に格好良いミディアムテンポのナンバーが畳みかけ攻撃。
Acceptの中の曲で言えば「ラブ・チャイルド」に似た系統の曲と言えるでしょう。
ちょっと残念なのはギターソロが意外にシンプル、あっさりモードで短めなところでしょうか。
(シングルカット曲なので仕方ないのかも知れませんが…)
それから、個人的にはPVの「グルグル回転」もちょっと苦手。
というか、楽曲に集中できないのであまり好きにはなれませんでした。
曲調が十分過ぎるほどにキャッチーで完成度も高いので、ここは敢えてシリアスな世界観で演出のPVでも良かったのではと思ってしまいました。
アップルの音楽を聴く

Screaming for a Love-Bite

ウド・ダークシュナイダー、ウルフ・ホフマンというフロントマンに隠れがちですが、私はアクセプトの楽曲を支える屋台骨であるステファン・カウフマンのドラミングが大好きです。
その魂のこもったプレイが災いしたかは不明ですが、後に腰を痛めてバンドを去ってしまうことになりますが、本曲におけるドラミングも本当に見事!。
そしてやはりウルフ・ホフマンのギターソロの構成、メロディの秀逸さはもはや安定の境地。
バンド初期のようなツインリードによるハモリソロはめっきり減ってしまった寂しさもありますが、こんなに聴き手の心に突き刺さってくるようなメロディを繰り出されては、ぐうの音も出ませんね。

Living for Tonite

アクセプトらしさが凝縮された名曲。
シンプルで切れ味のあるリフ、叙情的ながらもキャッチーなメロディ、ライブでの盛り上がりを計算しているかのような変調による曲展開、そして最高のメロディラインを誇るギターソロという全ての要素が堪能できます。
これぞまさしく「アクセプト節」。
思わず「うぉぉぉおおー-っ! きたぁぁああああー-っ!」っと一人で意味不明の雄叫びを上げてしまいそうな、鳥肌級のギターソロは泣きのフレーズが満載で構成も見事。
ずーっとこのまま永遠に聴いていたい…そんな感覚に陥ってしまうような中毒性の高い楽曲ですね。

まとめ

私が友人から初めて聴かせてもらったアクセプトの曲は「ファスト・アズ・ア・シャーク」でした。

それまでマイケルシェンカーゲイリー・ムーアリッチー・ブラックモアといったギターヒーローのバンドを中心に聴いてきた私にとっては、確かにツインギターによるソロは凄いのですが、ウドのあまりに特異なボーカルと、勢いだけの速さに感じるズンドコ疾走感に、当時は正直ついていけませんでした。

友人おすすめの「ファスト・アズ・ア・シャーク」よりも、私が強烈にインパクトを受けたのは同アルバム2曲目に収録のミディアムテンポのタイトル曲「レストレス・アンド・ワイルド」。

シンプルに刻まれる渋いリフとタイト感しかないドラミングが最高に格好良く、ドラムは叩いたことない癖に思わず「これは自分が理想とするドラムの音、プレイだ…。」と何故か思えたことを記憶しています。

何事もファーストインプレッションとは重要なもので、私にとってのアクセプトの魅力は、ミディアムテンポで切れ味鋭く刻まれるリフ、タメを効かせたタイトなリズム隊、キャッチーなメロディラインとサビ、そしてギターソロの美しいフレーズ構成にあります。

本作は、そんな私が抱くアクセプトに求める要素が贅沢なほどにふんだんに盛り込まれた内容となっており、本当に捨て曲無しの文句無しの名盤です。

 

アーティストを応援するならサブスクは「Apple Music」がおすすめです!。
視聴した時にアーティストに支払われる報酬が、他のサブスクよりも高めなので、応援するファンとしての貢献度「大」です!。

タイトルとURLをコピーしました