KISS / 1st アメリカンハードロックの殿堂 伝説のデビュー作

スポーンサーリンク
kissi-1st

KISS / KISS どんなアルバム?

泣く子も黙るKISSの1974年発表のデビューアルバム。

アルバムジャケットは、ビートルズのセカンドアルバムのパロディで、発売当初は完全に色物系バンドとして扱われ売上は今一つでしたが、2年後にプラチナアルバムに躍進しました。

製作期間が短期間な上に低予算という劣悪な環境で製作された為、サウンド面に関しては、安っぽい、迫力が無い等と酷評されましたが、楽曲自体は良く練られていて完成度が高いと思います。

安っぽいとは言いつつ、エフェクトの無い生音に近いギターは逆にストレートなロック感があって個人的には嫌いじゃないですね。
演奏が控えめな分、ヴォーカルのメロディラインがしっかりと全面に出てきており、純粋にシンプルなロックとして楽しめます。

それにしてもエース・フレーリーのリフと危なっかしいギターソロは、わざとなのか実力なのか(いまだに不明ですが)その独特なフレーズの数々は不思議な魅力となって耳にこびりついてきます。

後々のライブでも、このアルバムのほとんどの曲がプレイされていて、各楽曲に対するバンドとしての想い入れの強さが伺えます。

バンドメンバー・収録曲

【メンバー】

  • ヴォーカル: ポール・スタンレー
  • ギター  : エース・フレーリー
  • ベース  : ジーン・シモンズ
  • ドラム  : ピーター・クリス

【収録曲】

  1. STRUTTER
  2. NOTHIN’ TO LOSE
  3. FIREHOUSE
  4. COLD GIN
  5. LET ME KNOW
  6. KISSIN’ TIME
  7. DEUCE
  8. LOVE THEME FROM KISS
  9. 100,000 YEARS
  10. BLACK DIAMOND

おすすめ曲レビュー

Strutter

ロックギターの基本型だけで作り上げられたとも言えるようなシンプルな構成ですが、ポール・スタンレーのボーカルメロディが秀悦で一度聴いたら忘れられなくなる魔力を持った曲。
サビメロは哀愁こもった泣きフレーズで、とにかくヴォーカルで聴かせまくるオープニングに相応しいKISSを代表する名曲ですね。

Firehouse

ライブではジーン・シモンズが火を噴き上げるパフォーマンスで、これまたKISSの代表的な楽曲。
エースフレーリーの独特なギターソロは、テクニックとは無縁ですが、渋くクールにキメています。もう少し長くソロを弾いてくれても良かった気もしますが…。

Cold gin

ライブではややアップテンポになり、ギターも歪みまくってパワーアップする曲。
ジーン・シモンズのヴォーカルもライブでは更に野太さを増し、とにかく強烈に化ける楽曲です。
また、ライブ盤ではベースラインのメロディも前面に出てきてとにかく格好良いです。
後半における変調も見事で、単調で飽きてしまいそうな楽曲に変化を与え、これまたライブで盛り上がるアクセントになっています。

Deuce

当時は当然LPレコード盤なので、それはもう丁重な扱いだったのを思い出します。
兄貴の留守中にこっそり取り出しては、盤面に指紋を付けないように細心の注意を払って聴いていました。
そんな中で、この曲のイントロには本当にドキッとさせられました。
明らかにギターの音がつっかえて聴こえる。
「まさかの(レコードの)音飛びか?」と盤面を目を皿のようにして慌ててチェックしても、傷らしきものは見当たらず。
とにかく、このつっかえ気味のイントロは今でも気になって仕方がありません。
エース・フレーリーは狙ってわざとやっていたのか?、単なる下手っぴだったのか?。
結局、何をやっても「渋み」に変えてサマになってしまう迷ギタリストです。

100,000 years

純粋に格好良い見事な楽曲。
謎めいたベースイントロ、印象的なとサビメロとギターソロ、プチドラムソロ的な見せ場もあり、4人のメンバーの持ち味とプレイスタイルが凝縮された名曲です。
それにしてもKISSの曲はどの曲もジーン・シモンズのベースがビンビンに効いています。
通常、ベースを耳コピしようと思った時に、なかなかベースラインを拾うのって難しいけど、KISSの初期の頃の曲はベース音が明確に識別できるのでコピーしやすかったですね。
これからベースを始めようという初心者の方は入門編として最適だと思います。

Black diamond

アコスティックのイントロにのった哀愁のボーカルメロディから一閃、ドラマティックに展開される名曲。
ピーター・クリスのハスキーで表現力豊かに渋く歌い上げるヴォーカルメロディがとにかく格好良いです。
ベスといい、ハード・ラック・ウーマンといい、美味しいところを全て持っていくピーター・クリスのヘタウマヴォーカルは、どこか掴みどころのない不思議な魅力を持っています。

まとめ

メンバー全員の仮面メイクと、ジーン・シモンズの口からの火炎放射、ピーター・クリスのドラムセット破壊、エース・フレーリーやポール・スタンレーのギター叩き付け破壊など、色物バンドの評判が先行してしまったKISS。
ですが、その楽曲の良さ、完成度が後からアルバム売上成績となってついてくるという、アルバムセールスの動きも他のバンドとは全く異なる現象をたどりました。

いくら派手派手しい強烈なパフォーマンスをしても、肝心の楽曲の質が低ければ一過性の話題で終りすぐに消えてしまう筈。

しかし、KISSの産み出してきた楽曲は、シンプルでストレートながらも良く練られたメロディセンスとキャッチーなサビメロで、幅広いファン層に受け入れられてきたのだと思います。

ハードロックにショー的な演出要素を取り入れた元祖エンターテナーとして、見事にその地位を築き上げたKISS。
楽曲に対しても真摯な姿勢で向き合っていたことが聴きとれる名盤と言えるでしょう。

サブスク音楽 おすすめはアーティストへの貢献度で「Apple Music」にキマリ!
この記事では、サブスク音楽配信サービスのおすすめとして「Apple Music」を紹介しています。ぶっちゃけどこも大差無いので、どうせなら好きなアーティストやバンドにとって応援につながるサービスを選びませんか?。曲を一回再生した毎にアーティストに支払われる報酬が圧倒的に高い「Apple Music」の利用が貢献度「大」だと思います!。

タイトルとURLをコピーしました